<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無関心 | main | うなぎ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

救急車

ご無沙汰してしまいました。

この週末に一番下のチビ子が部屋の中を走って転んでしまい、
テーブルの角に額をぶつけて“パックリ”と皮膚が切れてしまったのよ。

その瞬間を目撃していたのだけど、テーブルにぶつかった瞬間から
鮮血がドバーっと噴出し始めて、顔面が真っ赤なナイアガラの滝状態。

突然の出来事にパニックになっている奥さんを落ち着かせ、
救急病院を紹介してもらうために、地域の救急災害ダイヤルにTELしたところ、
近場で3件ほど教えてもらったのよ。

ところが、その3件ともに「本日は診療することができません」という返答。
こっちは一刻を争う自体であるから、確実に診療を受けられるように、
救急災害ダイヤル指定の病院に連絡しているにも関わらずによ。
あげくの果てには電話の切り際に「お大事にしてください」ですって。
救急システムが破綻していることに怒り沸騰。
結局119番に連絡して救急車で脳神経外科に搬送してもらったわよ。
(結局30分以上時間をロスしたことに)

病院についてCT、MT、レントゲンなど各種精密検査した結果、
大事が無いということがわかってほっとしたわ。
ただし、これによりチビ子の額に傷が残る可能性も有るみたいだけど。
ハァ〜男の子ってイロイロあるわね。


縫わなくて良かったのが不幸中の幸い
和泉ショコラ * 犬日記 * 16:09 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:09 * - * -

コメント

我が家でも人事ではないニュースだね。
日々動物園状態な所ではいつ何時同様な事故が
発生するか分からないからね。
気を付けましょう。
Comment by 嶋田人間 @ 2006/02/21 9:23 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ